歌詞 アゲハ蝶 ポルノグラフィティ

作詞
ハルイチ
作曲
ak.homma
ヒラリヒラリと舞い遊ぶように 姿見せたアゲハ蝶 夏の夜の真ん中月の下 喜びとしてのイエロー憂いを帯びたブルーに 夜の果てに似ている漆黒の羽 旅人に尋ねてみたどこまで行くのかと いつになれば終えるのかと 旅人は答えた終わりなどはないさ 終わらせることはできるけど そう・・じゃあ お気をつけてと見送ったのはずっと前で ここに未だ還らない 彼が僕自身だと気付いたのは 今更になってだった あなたに逢えたそれだけでよかった 世界に光が満ちた 夢で逢えるだけでよかったのに 愛されたいと願ってしまった世界が表情を変えた 世の果てでは空と海が交じる 詩人がたったひとひらの言の葉に込めた 意味をついに知ることはない そうそれは友に できるならあなたに届けばいいと思う もしこれが戯曲なら なんてひどいストーリーだろう 進むことも戻ることもできずに ただひとり舞台に立っているだけなのだから あなたが望むのならこの身など いつでも差し出していい 降り注ぐ火の粉の盾になろう ただそこに一握り残った僕の想いを すくい上げて心の隅において あなたに逢えたそれだけでよかった 世界に光が満ちた 夢で逢えるだけでよかったのに 愛されたいと願ってしまった世界が表情を変えた 世の果てでは空と海が交じる 荒野に咲いたアゲハ蝶 揺らぐその景色の向こう 近づくことはできないオアシス 冷たい水をください できたら愛してください 僕の肩で羽を休めておくれ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る