歌詞 難破船 中森明菜

作詞
加藤登紀子
作曲
加藤登紀子
たかが恋なんて忘れればいい 泣きたいだけ 泣いたら 目の前に 違う愛が みえてくるかもしれないと そんな強がりを言ってみせるのは あなたを忘れるため 淋しすぎて こわれそうなの 私は愛の難破船 折れた翼 広げたまま あなたの上に落ちて行きたい 海の底へ沈んだなら 泣きたいだけ 抱いてほしい ほかの誰かを愛したのなら 追いかけては 行けない みじめな恋 つづけるより 別れの苦しさえらぶわ そんなひとことでふりむきもせず 別れたあの朝には この淋しさ 知りもしない 私は愛の難破船 おろかだよと 笑われても あなたを追いかけ 抱きしめたい つむじ風に 身をまかせて あなたを海に沈めたい あなたに逢えない この街を こん夜ひとり歩いた 誰もかれも 知らんぷりで 無口なまま 通りすぎる たかが恋人を なくしただけで 何もかもが消えたわ ひとりぼっち 誰もいない 私は愛の難破船
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る