歌詞 浅草キッド ビートたけし

作詞
ビートたけし
作曲
ビートたけし
お前と会った仲見世の 煮込みしかないくじら屋で 夢を語ったチューハイの 泡にはじけた約束は 灯の消えた浅草の コタツ1つのアパートで 同じ背広を初めて買って 同じ形のちょうたい作り 同じ靴まで買う金は無く いつも笑いのネタにした いつかうれると信じてた 客が2人の演芸場で 夢をたくした100円を 投げて真面目に拝んでる 顔にうかんだおさなごの むくな心にまた ほれて 1人たずねたアパートで グラスかたむけなつかしむ そんな時代もあったねと 笑う背中がゆれている 夢はすてたと言わないで 他にあてなき2人なのに 夢はすてたと言わないで 他に道なき2人なのに
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る