歌詞 プライド革命 CHiCO with HoneyWorks

作詞
HoneyWorks
作曲
HoneyWorks
理想だけを口にしてた過去 壁はどこにだって立ち塞いで 手探りで生きてく 赤い空が影を伸ばす まだそれは頼りなくて自分勝手 ため息をこぼす 違う歩幅 合わない呼吸でも 君はまっすぐにぶつかって側にいてくれる すれ違い見渡せば そう取り残されていた 「明日は 見えて ますか」 暗闇 かき消す 君の声が 聞こえたんだ 弱くたって 立ち向かうんだ 理由なら 君にもらった 分かってる、だから行くんだよ。 今も 苦しくって胸が痛いよ 力なら君にもらった 守り抜く為に行くんだよ 負けてばかり守るものもない そんな自信なくて 試合放棄 言い訳をこぼす どこからとなく耳を刺した声 君は 「まっすぐにぶつかれ」って 悔しそうに嘆く 触れ合えば胸の奥に土足で踏み込んで 明日は 君が 決めろ 暗闇 かき消す 君の声は “泣いていた” 涙なんて振り払うんだ 理由なら僕が作った 分かってる だから行くんだよ 今も怖くなって足がすくんで 本当は震えてるんだ 取り戻す為に戦うよ 「立ち向かう」 「怖くない」 「君がいる」 「ここにいる」 「待っていて」 「大丈夫」 「負けないよ」 「認めてる」 さあ 踏み込んで進むんだ 届くまで笑え 声にならない叫び声が 胸のなか震えてるんだ 分かってる、だから闘うよ。 今は 一人じゃない胸が熱いよ 力なら君にもらった 守り抜く為に闘うよ 君と また 笑ってる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る