歌詞 百火撩乱 Kalafina

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
夢を見て僕らは泣いた 涙を持たぬ筈の鋼の心で 運命(さだめ)を思った 違う夜明けの色を祈り 何を守る為にまた 消えた時を彷徨って 滅びへと駆け抜ける 光放つ刃 あの時消えて行った 紅い虹の彼方には 君が見た世界がまだ 目醒めを知らず天にあって 花のように咲く炎の中に 今も佇む僕らの姿 刻み込まれた道に凍る 砕けた夢の痕 残された僕らはきっと 錆びた鎖を繋ぐ 最後の欠片 で 見届けた夜の 月の光を蒼く宿す刃 守りたいと思うのは 君が夢を見た世界 光へと駆け抜けた その道の眩しさ 思いを残したまま 心は散って行くけれど 焼け墜ちた道を辿り 数多の夢が今も空を焦がす いつか焔は天に届く
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る