歌詞 光の旋律 Kalafina

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
この空の輝き 君の胸に届いてる? 夢見てた調べは 静けさのように 君の手がまだ 夢に遠くても 思い出してよ 優しい声 を 誰かが君のため 歌った幸福の和音 空の音響け、 高く哀しみを超えて 君の目に映るものは 全て本当の世界 涙さえ君をここに 留めておけない 降り注ぐ光の中 明日を奏でて 本当は誰にも聞こえない そんな音だった でも誰の胸にも 明るく響いてた 幸せはきっと 次の坂道で 君の不意をついて キスをくれるよ いつその涙が涸れる頃 聞こえる君の和音 太鼓の音から始まるよ song of love 誰もが知っていた その歌に一つ 空色の音符重ねて 一人で歌ってたときは 少しだけ寂しくて 君のことずっと呼んでいた 届いたんだよね? 君の元へ ほんとうの痛みが 君の胸に触れたとき 夢見てた調べが 静けさのように 空の音響け、 高く哀しみを超えて 今ここに生きてること 笑い合えるその日まで 優しさも夢もここに 留めておけない 消えて行く光の中 明日を 奏でて やがて君の手が掴む 永久(とこしえ)の真実 かなわないと思うから いっそ高らかな声で その歌に君は 希望と名付けて泣いた 夢見る人の心に 確かに届くよ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る