歌詞 君ノ記憶 mao

作詞
Mao
作曲
安瀬聖
舞い落ちる花びら 頬を伝う雫 あの日2人で見上げてた 景色に今ただ1人 思い出すのが恐くて 瞳心を閉ざして 何度も消そうとしたの その度にあなた溢れた ずっと守りたいと願った たとえ傷ついても 誰よりも近くで見つめていた 抱きしめたぬくもりはまだこの手の中に 忘れない 幾つの季節を重ねても あなた想ってる 初めて会った瞬間(とき) 今も覚えてるの 月灯りに揺らめいてた 悲しげなその横顔 切なさを抱えたまま 瞳心を濡らして 大きな背中抱きしめ 呟いた私がいるよ そっと包み込んだ両手はあなたの為にある 何にも言わないで ただこうして すべてを失くしたって後悔などしない 本気で思ってた あんなにも誰かを2度と愛せない ずっと離れないと誓って 髪を撫でてくれた なのになぜ?となりにあなたはいない 抱きしめたぬくもりはまだこの手の中に 忘れない 幾つの季節を重ねても あなた想ってる
歌ってみた 弾いてみた