歌詞 創聖のアクエリオン AKINO

作詞
岩里祐穂・菅野よう子
作曲
菅野よう子
世界の始まりの日 生命(いのち)の樹の下で くじらたちの声の 遠い残響二人で聞いた 失くしたものすべて 愛したものすべて この手に抱きしめて 現在(いま)は何処(どこ)を彷徨(さまよ)い行くの 答えの潜む琥珀の太陽 出会わなければ殺戮の天使でいられた 不死なる瞬き持つ魂 傷つかないで僕の羽根 この気持ち知るため生まれてきた 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない 世界が終わる前に 生命(いのち)が終わる前に 眠る嘆きほどいて 君の薫り抱きしめたいよ 耳すませた海神(わだつみ)の記憶 失意にのまれ 立ち尽くす麗しき月 よみがえれ 永遠(とわ)に涸れぬ光 汚されないで君の夢 祈り宿しながら生まれてきた 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない 君がくり返し大人になって 何度も何度も遠くへ行って 見守る僕が眠れない僕がくしゃくしゃになったとしても 君の名を歌うために… 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年たっても愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る