歌詞 OBLIVIOUS Kalafina

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
本当は空を飛べると知っていたから 羽ばたくときが怖くて風を忘れた oblivious 何処へ行くの 遠くに見えるあの蜃気楼 いつか怯えながら 二人の未来を映して よるべない心二つ寄り添う頃に 本当の悲しみがほら翼広げて oblivious 夜の中で 真昼の影を夢見るように きっと墜ちて行こう 光へ いつか 君と 二人 夜を 朝を 昼を 星を 幻想(ゆめ)を 夏を 冬を 時を 風を 水を 土を 空を we go further in the destiny…… oblivious 側にいてね 静かな恋がほら始まるよ いつか震えながら 二人の未来へ oblivious 何処へ行くの 遠くへ逃げてゆく水の中 何て綺麗な声で 二人の未来を 歌って
OBLIVIOUS の人気パート
歌ってみた 弾いてみた