歌詞 oath sign LiSA

作詞
渡辺翔
作曲
渡辺翔
繰り返す世界 何度手を伸ばしたら 儚い涙は黒い心 溶かすの? 芽生え出した思いが胸に響いたなら 君の隣でずっと変わらず護るだろう 堕ちた希望を拾って 明日に繋いでゆけば 絡まった 歪な願いだってほどける 光をかざして 躊躇いを消した あげたかったのは未来で 泣いてる夜 抱いたまま 嘆きを叫んで 踏み入れた足を遠くの理想が そっと癒してゆく 確かな絆を強く握り進もう どこまでも 穢れきった奇跡を背に 創られた想い 触れればなによりも 温かくて 現実が霞み始める 狂い出した世界に問いかけ続けても 答えなんて出ないって もう 君は知っていたの? 泣いて滲んだ願いは 決して揺るぎはしなくて ただ そっと痛みを終わりなく与える 哀しみを知って 喜びを知った 弱さは君を変えて 立ち止まった時 剥がれ すべてを壊した 届くはずのない言葉を託して 見えた瞳は 何を感じて遠ざけるの? 心 隠すように 今ここにいる意味 教えてくれたなら 強くいられる 変わらず いつも 光をかざして 躊躇いを消した あげたかったのは未来で 泣いてる夜 抱いたまま 嘆きを叫んで 踏み入れた足を遠くの理想が そっと癒してゆく 確かな絆を強く握り進もう どこまでも 迷いなんて目を開いて 振り払って手を伸ばそう 穢れきった奇跡を背に
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る