シルシ

LiSA

作詞
LiSA
作曲
カヨコ
街明かり照らした 賑やかな笑い声と 路地裏の足跡 伝えたい想いは どれだけ届いたんだろう いつも振り向いて確かめる いつだって迷わず キミはきっと どんなボクも追いかけてくれるから じっと見つめた キミの瞳に映った ボクが生きたシルシ 何度も途切れそうな鼓動 強く 強く 鳴らした 今日を越えてみたいんだ 手にした幸せを 失うことを恐れて 立ち止まっているより 一つ一つ大きな 出来るだけ多くの 笑顔咲かせようとたくらむ 思い出す ボクらの通り過ぎた日々がいつも 輝いて見える様に ぎゅっと握った キミの温もりで感じた ボクら繋いだ証 キミと今 同じ速さで あの日描いた未来を歩いている いくつ願い叶えても キミと過ごしたい新しい明日を すぐに 次々にボクは きっとまた願ってしまうから 流れてく時間は容赦無く いつかボクらをさらってくから 瞬きしたー瞬の隙に キミの見せる全てを 見落とさないように じっと見つめた キミの瞳に映った ボクが生きたシルシ 何度も途切れそうな鼓動 強く 強く 鳴らした 今日を越えていけなくても キミと生きた今日を ボクは忘れない
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る