歌詞 青い栞 Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴
何ページもついやして綴られた僕らの気分 どうしてか一行の空白をうめられない 押し花の栞はさんで 君と転がす使い捨ての自転車 忘れかけの煉瓦を積み上げてはくずした イコールへとひきずられていく こわいくらいに青い空を 遊びつかれた僕らは きっと思い出すこともない そうやって今は僕の方へ 押しつける陽射しの束 まだ二人はすぐそこにいるのに 「どうかまた会えますように」なんて どうかしてるみたい 一ページめくるてのひら くちびるで結んだミサンガ ねぇ今日も変わらない今日で 雨ふれば電話もできるよ そうやって今は君の方へ(いつのまにか切れたミサンガ) 押しつける僕の優しさを(でもなぜか言えないままだよ) 本当どうかしてるみたい どれか一つをえらべば 音をたてて壊れる それが愛だなんて おどけて君は笑ってた 間に合ってよかった 街は知らないふりをきめて眠った 忘れかけの煉瓦を 積み上げた場所にゆこう 海を見渡す坂をかけのぼって こわいくらいに青い空と 右手にサイダー 左手はずっと君をさがしている そうやって塞いだ両の手で 抱きしめている春の風 まだ時間は僕らのもので 「いつか、忘れてしまう今日だね」なんて 言わないでほしいよ そうやって”今”は僕の方へ問いつめることもなくて まだ二人はすぐそこにいるだろう 「そうだ、空白を埋める言葉は」 いや、まだ言わないでおこう 一ページめくるてのひら くちびるでほどいたミサンガ 始発電車まばらな幸せ ねぇ、今日も変わらない今日だ 本当どうかしてるみたい
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る