歌詞 琥珀色の街、上海蟹の朝 くるり

作詞
Shigeru Kishida
作曲
Shigeru Kishida
beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 目を閉じれば そこかしこに広がる 無音の世界不穏な未来 耳鳴り 時計の秒針止めて 心のトカレフに想いを込めてぶっ放す 窓ガラスに入ったヒビ 砕け散る過去の闇雲な日々 止まった時計は 夜明け前5時 外の空気 君だけのもの 吸うも吐くも自由 それだけで有り難い 実を言うと この街の奴らは義理堅い ただガタイの良さには 騙されるんじゃない お前と一緒で皆弱っている その理由は 人それぞれ 耐え抜くためには仰け反れ この街はとうに終わりが見えるけど 俺は君の味方だ beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 何はともあれ この街を去った 未来ではな く過去を漁った 明後日ばっかり見てた君 それはそれで 誰よりも輝いてた ずっと泣いてた 君はプレデター 決死の思いで 起こしたクーデター もういいよ そういうの 君はもうひとりじゃないから 上海蟹食べたい あなたと食べたいよ 上手に割れたら 心離れない 1分でも離れないよ 上手に食べなよ こぼしても いいからさ beautiful city isn't it a pity 路地裏のニャンコ beautiful city beautiful city… 張り詰めた日々 を溶かすのは 朝焼け前の 君のこころ 両手を広げたら 聴こえてくるよ 外輪船の汽笛 嶺上開花 本繻子でこころを包むよ 小籠包じゃ足りない 思い出ひとつじゃ やり切れないだろう 上海蟹食べたい 一杯ずつ食べたいよ 上手に食べても 心ほろ苦い あなたと食べたいよ上手に割れたらいいな 長い夜を越えて行くよ 琥珀色の街 琥珀色の街
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る