歌詞 真赤 My Hair is Bad

作詞
椎木知仁
作曲
椎木知仁
ブラジャーのホックを外す時 だけ 心の中までわかった気がした 携帯なんて出なくていい いつの間にか時間が止まればいい 翌朝、君は先に出ていった 僕にと、鍵、残して 夕立ちの止んだ街が近付けた ただ陽が落ちた、下北は地下のライブハウス いつもは冷たくするくせに二人の時は優しくするんだね 君は言う「あなた、犬みたいでいい」って 三番線に悲しい音が流れた 曖昧な誓い、会いたいが痛い バイバイが聞こえなくなるように 春、恋に落ちて耳を澄まして君を探して 僕は誰かをついに失ってそれでもいいって 君を待とうって決めてた 夏の匂いがした 0.1秒で飽きる毎日が突然、輝き出したんだ 目が合うだけでも なぜだか胸が痛んだ 空っぽのコルクボードにはどんな写真があったのか気になった 見つめたまま隣で黙っていた 君の犬なりに気を遣ったんだ 振り向いて欲しくてなぜか甘えてしまう 格好つかないよなって笑ってた 合鍵を返して首輪を外してちゃんと言おうって決めてた 君を纏って頬に触れたってただ響かなくて 距離は愛しさを また髪を切ってふいに風が吹いて 君に言おうって思ってた 夏の匂いがした 赤い首輪はついたまま
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る