おすすめサウンド
  • I/Oのユーザーアイコン
    パートアイコン
    【予告風声劇】面剥ぎさん、いらっしゃい
    「」『』
    「その御顔、謹んで頂戴致します」 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ <蝉の声> セン:私じゃなれない あの子になりたい <鐘の音> セン:なんて、魔が差した <音入りから> 店主:『さァさ代様、ようく見てってくれ』 セン:「見るって、顔が無いじゃない」 店主:『そうさ 顔が無い。 だから望むものを写すのサ』 セン:「どういうこと?」 店主:『人形を雛形に、 憑く為に邪魔なものを奪うのさァ』 セン:「それ、ほんと?」 店主:『ふふ、嘘か真か試して御覧よ』 セン:盂蘭盆祭りの最終日、寺の裏手に構えた屋台 そこで顔の無い人形を渡した店主は ニタァ……と笑った <虫の音が入ってきてから> 店主:『代様、憑き物をするにはね なりたいものとなれない自分の 境目を見極めなきゃいけないよ』 <音入り> セン:「アンタ、これ どうしてくれるのよ!?」 店主:『おや、どうしたのかえ?』 セン:「とぼけないでよ、 アンタの人形のせいで私の顔がっ! どんどん老けていくの!!!」 店主:『そりゃそうサ、まるっと全部剥いじゃァね』 セン:これは、 店主:『捨てた面は取り戻せない、自分でなんとかしな』 セン:顔を失くした私と、顔剥ぎ売りの話──── 店主:『その顔、見せてくりゃりゃんせ』 セン:「アニメ 面剥ぎさん、いらっしゃい」 セン:「8月19日 開店」 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 『綺麗な代様には雛衣着せて、 花留めをあしらってあげようか』 代様:しろさま 題名の漢字は「めんはぎさん、」です あらすじ 盂蘭盆祭りの最終日 寺の裏手にぽつねんと 顔無し人形を売る屋台がやってくる それは呪いの雛人形 それは救いの雛人形 持ち主の形代となって、「所有者の顔を奪い去る」 理想の顔を追い求め、実の所は自分の顔すら無かった代様に 優しい店主は誘いを掛けた 『このまま死ぬか、新しい顔を手に入れるか、 さァ どうする?』 セン(箋):自分では絶対手の届かない「あのこ」に憧れている、普通の人間。普通でなかったのは、無意識のうちに守ろうとする「捨てられない自分」が全く無かったこと。 店主(面剥ぎ):顔の無い面剥ぎ人形を売る。 「自分が相手に取り憑くために邪魔になる自分の個性を奪う」という説明をかなりカットして伝えるため度々事故が起きるが、まぁそれは致し方なし。 年齢不詳、性別不詳、スリーサイズも好きな食べ物も不詳の何かよくわからない人。 音源は以下2曲をお借り致しました おとわび より 「いぶかしげ」 DOVA-SYNDROME より 「笑わば笑え」 written by G-MIYA 様 ※こちらの台本のコピペはキャラクター詳細なども含め全面的に禁止させて頂きます ※性別変換やそれに伴う軽度なアレンジは可能ですが、大幅な変更は御遠慮ください ※許諾なく他アプリに台本を持ち出される方、確認次第予告無くブロックさせて頂きますのであしからず ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ どんなに憧れても、結局私にしかなれない なんて結末は そもそも最初から捨てきれない個性を持つ者にしか導き出せないと私は思うのです。 元々、この続きの話から小説として考えていたので忘れないように最初の部分をここに置いておきます。 【追記】 自分でやってみたサウンドを転がしときます。 タイミングの参考に使えるようでしたら使ってやってください。 https://nana-music.com/sounds/04eb231b #声劇 #声劇台本 #予告風声劇 #Īō台本
    I/O