歌詞 酔いどれ女の流れ唄 加藤登紀子

作詞
みなみらんぼう
作曲
みなみらんぼう
酔いどれ女が今夜もひとり 酒場でグラスを抱いている まつげを濡らして惚れた男に 生命を預けて 流れ流れた夜の川男はもういない 酔いどれ女がルージュをかめば さすらい暮しの流れ舟 まぶたを下るよ消えた男にゃ未練はないが 冷たいグラスにふるさとが切なく揺れるのさ 酔いどれ女の行き着く先は 知っちゃいないさ夜鳴鳥(よなきどり) ねぐらもないのに雨に濡れながら口ずさむ唄は 酔いどれ女の流れ唄巷の風の唄 酔いどれ女の流れ唄巷の風の唄
加藤登紀子
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る