歌詞 この空を飛べたなら 加藤登紀子

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
空を飛ぼうなんて悲しい話を いつまで考えているのさ あの人が突然戻ったらなんて いつまでも考えているのさ 暗い土の上に叩きつけられても こりもせずに空を見ている 凍るような声で別れを言われても こりもせずに信じてる信じてる ああ人はむかしむかし 鳥だったのかもしれないね こんなにもこんなにも空が恋しい 飛べるはずのない空みんなわかっていて 今日も走ってゆく走ってく 戻らないあの人私わかっていて 今日も待っている待っている この空を飛べたら冷たいあの人も やさしくなるような気がして この空を飛べたら消えた何もかもが 帰ってくるようで走るよ ああ人はむかしむかし 鳥だったのかもしれないね こんなにもこんなにも空が恋しい ああ人はむかしむかし 鳥だったのかもしれないね こんなにもこんなにも空が恋しい
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る