歌詞 結ンデ開イテ羅刹ト骸 ハチ

作詞
ハチ
作曲
ハチ
片足無くした猫が笑う「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」 首輪に繋がる赤い紐は 片足の代わりになっちゃいない や や や や 嫌 嫌 嫌 列成す卒塔婆の群れが歌う「ソコ行ク御嬢サン踊りマショ」 足元密かに咲いた花は しかめっ面しては愚痴ってる 腹を見せた鯉 幟 孕んだのは髑 髏 やい やい 遊びに行こうか やい やい 笑えや笑え らい らい むすんでひらいて らい らい 羅刹と骸 一つ二つ三つで また 開いて 五つ六つ七つで その手を上に 松の樹には首輪で 宙ぶらりんりん 皆皆皆で結びましょ 下賤な蠎蛇墓前で逝く 集り出す親族 争いそい 「生前彼ト約束シタゾ」嘯くも死人に口は無し や や や や 嫌 嫌 嫌 かって嬉しい花いちもんめ 次々と売られる可愛子ちゃん 最後に残るは下品な付子 誰にも知られずに泣いている やい やい 悪戯しようか やい やい 踊れや踊れ らい らい むすんでひらいて らい らい 羅刹と骸 三つ二つ一つで息を殺して 七つ八つ十でまた結んで 高殿さえも耐え兼ね 火傷を背負い 猫は開けた襖を閉めて行く 結局皆様 他人事 結局皆様 他人事 結局皆様 他人事 他人の不幸は知らんぷり! やい やい 子作りしようか やい やい 世迷えや世迷え らい らい イロハニ惚れ惚れ らい らい 羅刹と骸 一つ二つ三つで また開いて 五つ六つ七つで その手を上に 鳥が泣いてしまわぬ 内にはらへら 一つ二つ三つで また明日 一つ二つ三つで また明日
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る