歌詞 イヤな事だらけの世の中で サザンオールスターズ

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
月はおぼろ花麗し春は霞か桜は紅枝垂 簾越しに鴨川は流れ祇園囃子に浮かれて蝶時雨 溜め息に訳など無いわ未練など鳴呼... 悲しみを置き去りにして慰めの言葉で殺めてくれ イヤな事だらけの世の中でひとり生きるのは辛いけど この町はずれの夕焼けが濡れた頬を朱で真っ赤に染める 嵐山は化粧いいろは紅葉黄金に揺れる稲穂に秋あかね 心乱れ人恋しや凍てつく胸に小雪が舞っている あてもなくさ迷いながらこの世から鳴呼... 躊躇いがよぎるその前にとびきりの笑顔で逝かせてくれ ある朝目覚めたその場所は君と結ばれた花見小路 憎たらしいほど惚れさせていつか地獄の底で待ってる 嘘ばかりつく女それを真に受けた男 イヤな事だらけの世の中で登る坂道は向かい風 あの懐かしい日の想い出が酔えば身に染む涙ホロリ
イヤな事だらけの世の中で の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る