歌詞 246 福山雅治

作詞
福山雅治
作曲
福山雅治
帰りを急ぐタクシーたちが ふたりの前を通り過ぎてく まだすこし雨が残る 真夜中の246 君は僕の袖をつかんで もう歩こうよって言ったね 纏わりつく夏の風も 悪くはない夜だ なにもない いまはない 心配なことや 寂しいこととか 悩み事だとか だけどね なぜだろう 心の奥底に 正体がわからない 怪物がいる気がして かけがえのない この安らぎが 呑み込まれそうで 『疲れた?』『大丈夫』 何気ない会話のなか 気持ちを感じ取ろうと してるこの空気が 嫌いじゃないんだ むしろ僕は好きなんだ 心の奥底に 怪物なんていないって 確かめることが やっと出来るんだよ 『ねぇ もうお家まで歩こう』 帰りを急ぐタクシーたちが ふたりの背中 追い越してく まだすこし雨が残る 真夜中の246
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る