歌詞 CRESCENT MOON 中島美嘉

作詞
松本隆
作曲
大野宏明
こうして髪を撫で あなたの横顔を見る 星の花粉が舞う 海辺の砂の斜面 せっかく手に入れた愛の輝き 砕けるのが怖くて その腕につかまっていた 三日月の寝台に寝ころび 黙って添い寝して 言葉で話しかけずに目で問いかけて 私の中の猫は鋭い爪かくしてじゃれる 未来をうらぎったなら たぶん許さない あなたの生き方を教えて 1秒ごとに 微笑みの翳りも月夜に曝してみて 硝子の波がうねっている あんなに 破片で傷ついたら透明な血を流すの 三日月の寝台は海から 吹く風にふるえる どんなに逆風だって私負けない 時代につぶされても二人で 生き抜いていこうね あなたのたよりないとこ かばってあげたい 時は砂粒 指からこぼれ落ちる 世界中崩れて無になっても この愛がある限り 生きられる 三日月の寝台に寝ころび 黙って添い寝して 言葉で話しかけずに目で問いかけて 私の中の猫は鋭い爪かくしてじゃれる 未来をうらぎったなら たぶん許さない
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る