歌詞 マンハッタン・キス 竹内まりや

作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや
Don't disturb 閉ざされた ドアの中だけが 私になれる場所 ここであなたが見せる優しさに 偽りはないけど どうしてこんなに寂しい 夜明けの足音 近づいてくると 何もかも まるでなかったようにシャツを着る 愛しい背中 眺めるの 私より本当はもっと孤独な誰かが あなたの帰り 待ってるわ すれ違う 心の奥見透かしながら ひとり残された 部屋の窓の外 手を振る気もなくて 霞む摩天楼の彼方 天使が涙で覗き込む どうして 愛してるだけじゃ満たされなくなる 愛されるまでは 長過ぎる一日をもてあまし彷徨えば 哀しいくらい 自由なの 街の灯が 夕闇に点り始める頃に あなたもきっと感じてる ほろ苦い昨夜のキスのその余韻を どうして あなたじゃなきゃ駄目 声かける人は たくさんいるのに できるなら 知り合う前の私に戻って 置いてきた夢 探したい いつの日か 遠い思い出だと笑い合える そんな時が くるのかしら 明日さえ手探りで生きるふたりにも Till I hear you say you love me Don't disturb.
マンハッタン・キス の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る