歌詞 夏のドキドキ never young beach

作詞
Yuma Abe
作曲
Yuma Abe
照りつく太陽 揺れる陽炎 破れたジーンズを履いて歩けば 入道雲が綿菓子のよう 炎天下で飲むはじけるサイダー うまくはちょっと言えないけれど なんでも出来るそんな気がする 100年後も1000年後も 夏のドキドキは止まらないだろう 悩んでいる暇はないでしょう カブトムシに笑われちゃうわ 扇風機を回してみれば 風鈴が揺れて少し涼しい 窓の外から近所の子が ふざけてはしゃぐ声が聞こえる 8月の空気持ちよすぎて 抑えきれない胸の高鳴り 100年後も1000年後も 夏のドキドキは変わらないだろう 悩んでいる暇はないでしょう ミンミンゼミが鳴いているように 8月の空 気持ちよすぎて 抑えきれない胸の高鳴り
never young beach
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る