歌詞 GIVE ME FIVE! AKB48

作詞
秋元康
作曲
笹渕大介
桜の歌が街に流れ あっという間だった別れの日 校舎の壁のその片隅 みんなでこっそり寄せ書きした 制服は もう脱ぐんだ 春の風に吹かれながら どんな花もやがては散って 新しい夢を見る 友よ 思い出より 輝いてる 明日を信じよう そう 卒業とは 出口じゃなく 入口だろ 友よ それぞれの道 進むだけだ サヨナラを言うな また すぐに会える だから今は ハイタッチしよう 何枚写真を撮ってみても 大事だったものは残せない 喧嘩して口利いてなかった あいつと何故か肩を組んでた まだ誰も 帰らなくて 教室が狭くみえるよ 名残惜しい時間の先に 僕らの未来がある 涙 堪えるより 生まれてから 一番泣いてみよう そう 辛いことは まだまだある 慣れておこうぜ 涙 グシャグシャの顔 見せ合ったら なんでも話せるね 一生の親友だ 忘れるなよ ハイタッチしよう 友よ 思い出より 輝いてる 明日を信じよう そう 卒業とは 出口じゃなく 入口だろ 友よ 巡り合えて 最高だった 青春の日々に まだ 言えなかった ありがとうを ハイタッチで
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る