歌詞 それでも世界が目を覚ますのなら SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太/渋谷龍太
作曲
柳沢亮太
一寸先に何なのか一体明日がどうなのか 一瞬なんて一瞬で考える間もなく過ぎ去ってく 一分間の葛藤を一週間抱えながら 一生分の正解が急に欲しくなった 羨望の眼差し卑屈を正統化する術が どんどん上手になってきた要らない要らない 二度と無い戻れない誰もがわかったように言って もう一度って今の無しってわかってないんだ 終わりは始まり本当にそうなの? 終わりは終わり同じ始まりは一つだって無い無いよ 昨日のままが良かった?昨日は今日を望んだろう 答えが欲しい知るのは恐い身勝手に日々(とき)は進むって 同じだろう同じだよ苦しい日も笑う日も 24時間掛ける123… 自分がわからないんです嘘だ どうすればいいかな嘘だ 正しいと言って欲しいだけでしょう ねえでも誰が決めんのそれ 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' 'ユメカラサメタクナイ' それでも世界が目を覚ますのなら 二度と無い戻れない誰もがそういう今日に立って もう一度って今気づいたとか覚悟するんだ 終わりは終わりでそういう世界だ だから愛しいだから命を懸けているんだそうだろう? 世界が目を覚ますのなら僕らが目を覚ますのなら まだまだまだまだ… ※繰り返し
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る