歌詞 Flower GACKT

作詞
Gackt.C
作曲
Gackt.C
もう戻れなくて 取り戻せなくて 失ったものが余りにも多すぎて 季節外れの雪を掴んで空にばらまいた オマエの零した涙が粉雪に変わってゆく 気まぐれなその微笑みにただ触れたくて 許されはしない罪を繰り返して たとえ地獄に堕ち この躯を焼かれても 微笑みをくれるオマエがいればいい 生まれ変わるなら 寄り添う花に ただ奪い合ってた 憎しみ合ってた あの時代の片隅で泣いて た 名もないオレにはただ眩しすぎる花でした オマエの残した言葉が 今も胸に募る 「未来のない世界などない…」と微笑んで 一人で眠れない夜はまた訪れ たとえただ空しい結末が待ってても オマエがいればいい ただそれだけでいい 生まれ変わるなら 寄り添う花に 一人残され 涙は枯れ果て… 無情に季節は変わり続ける 思い出にしがみついても あの頃には戻れなくて 終わり無き哀しみ重ねて 大地は果てしなく すべては美しく オマエが目を閉じた 季節は過ぎてゆく 哀しみは今も消えはしないけれど 想い焦がれていた世界が始まる 哀しみの果てにやっと見つけた オマエという名の花を抱きしめた やるせないほどに愛が零れて逝く 生まれ変わるなら オマエのそばに You are the irreplaceable flower. You are the irreplaceable flower. You are the irreplaceable flower.
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る