歌詞 スパークル (movie ver.) RADWIMPS

作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
まだこの世界は 僕を飼いならしてたいみたいだ 望み通りだろう? 美しくもがくよ 互いの砂時計眺めながらキスをしようよ さよならから一番遠い 場所で待ち合わせをしよう 辞書にある言葉で 出来上がった世界を憎んだ 万華鏡の中で 八月のある朝 君は僕の前で はにかんでは澄ましてみせた この世界の教科書 のような笑顔で ついに時はきた 昨日までは序章の序章で 飛ばし読みでいいから こっからが僕だよ 経験と知識と 力ビの生えかかった勇気を持って 未だかつてないスピードで 君の元へダイブを まどろみの中で 生ぬるいコーラに ここでないどっかを 夢見たよ 教室の窓の外に 電車に揺られ運ばれる朝に 愛し方さえも 君の匂いがした 歩き方さえも その笑い声がした いつか消えてなくなる 君のすべてを この眼に焼き付けておくことは もう権利なんかじゃない 義務だと思うんだ 運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を 伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする 時計の針も二人を 横目に見ながら進む そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも 生き抜いていこう 愛し方さえも 君の匂いがした 歩き方さえもその笑い声がした いつか消えてなくなる君の全てを この目に焼き付けておくことは もう権利なんかじゃない義務だと思うんだ 運命だとか未来とかって言葉が どれだけ手を 伸ばそうと 届かない場所で 僕ら恋をする 時計の針を2人を 横目に見ながら進む そんな世界を二人で一生いや何章でも 生き抜いていこう
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る