コメント
5件
  • Mr.Bのユーザーアイコン
    Mr.B
    > マリア

    お力になれていれば幸いです!(*´ー`*)

  • マリアのユーザーアイコン
    マリア
    > Mr.B

    お返事頂きましてありがとうございます。 わかりました!仰って頂いたことを大切にして繰り返し練習していきたいと思います!一朝一夕で手に入るものではないと思いますので、こまめにアウトプットして、演技をするということの感覚を掴んでいきたいと思います! 一緒に頑張らせてください! 本当にありがとうございました(*^^*)

  • Mr.Bのユーザーアイコン
    Mr.B
    > マリア

    ☆演技として成立させる演技☆ 僕も最初は細かい設定をいくつも考えて、アレもしなきゃ、コレもしなきゃ状態で、やっていました。 当然、技術も無い上に、そんなに器用では無いため、逆に不自然にな演技になってしまってたんです。 なので、色々考えるよりは、とにかく、『その場にいる』という事をイメージしてみてください。 それによって、リアリティのある芝居という点はクリアできると思います。 ただ、僕も数える程度しか経験したことはないのですが、本当に世界に入り込むと、演技しているという事を忘れます。 それくらいのめり込んだ後はとても疲れますが、最高の気分になります。 それくらいのめり込めるようになれるといいですね♪( ´▽`) ☆キャラクターの役作りについて☆ やり方は人それぞれだと思いますが、僕の場合は、まず台本を読んで、口調や、笑い方等を見るようにしています。 それによって大体のイメージを決めます。 それと、マリアさんはアニメやドラマ、映画といったものはよく見ますかね? それらに出てくるキャラクターで、自分のイメージに近いキャラクターを見つけ、それを完全にではなく、大体で真似します。 『大体のイメージで真似をする』という事を何度も何度も何度も何度も繰り返していると、自分の中で『大体のイメージ』だったものが、『自分なりのキャラクター』として固まってきます。 掘り下げという点においてだけ言えば、そんな感じです。 ☆忘れてはいけない事☆ 『自分がどうしたい!』という事がしっかりとあるのは大切です。 ですが、同時に視聴者目線を理解することも大事だと僕は思います。 視聴者目線を理解するというのは、要は、王道を理解するという事に近い気がします。 『自分は、こうしたいからこうする!』という考え方貫いて認めてもらうためには、一部の天才や、よっぽどハマっている場合を除いて、それ相応のキャリアが必要になってきます。 簡単に言うと、誰かの芝居を見て、『あぁ、〇〇さんらしい芝居だなぁ、最高!』となる人はほとんどキャリアがある人だと思います。 なので、まずは『王道を理解する』事と、それを実際できるようになるという事が大切だと僕は思います。 僕にとっては、王道の芝居をするというのは結構難しかったです。 僕自身考え方が邪道思考だったので、ここはかなり苦戦しました。 なので、まずは王道を理解して、それをできるようにするという事を心がけてやってみるといいかもしれません。 長々と失礼致しました。

  • マリアのユーザーアイコン
    マリア
    あの、どうしたら台詞を読む私というものからその言葉を話すキャラクターになるのかということです。分かりづらく、すみません…
  • マリアのユーザーアイコン
    マリア
    >>Mr.B 先程は、たくさんお返事頂きましてありがとうございます。す。とても参考になりました。夜分遅いのに、真摯にお返事下さりましてとても嬉しかったです! 言葉の抑揚と表現に関して、もう少しだけ質問させてください(TT)! 私が人間屋を録音した時、私の中では大衆に向かって話しかけるキャラクターのイメージ、美しいアルビノのイメージがありました。 ですが、私の場合きちんと聞き手に伝わっていないということですよね?(´×ω×`) 聞き手に伝わっていないということは出来ていないということになりますから、もっともっと精進したい!と思うのですが、既にイメージをしていて、あのような録音だった場合、どうしたらもっと聞き手に伝わる話し方になるのでしょうか? 今、頂いたアドバイスを元に同じ人間屋の台詞を喋ってみました。 (ここはヒューマンショップだ!私は商人で、このアルビノを売らなくてはならない!客が買いたくなるようにプレゼンしなくては!)と実際体験していることイメージをすることによって、大衆を相手にするキャラクターというイメージから、客に売りつけるために話している私という感覚は何となく理解出来ました。 では、そのキャラクターの話し方というのは、役作りというのでしょうか…。そのキャラクター自身がどういう人であるかというのは、演じる人の解釈でそれぞれ違うし、それが演劇の、面白いところだと思うのですが、そういう部分のイメージはどうやって掘り下げて言葉を話していっているのでしょうか? やってみるのは初めてですが、演劇がすきなので、ただ、言葉を読むだけではなく、演劇として成立させる演技をしたいと考えています。 興味があります故に、長々とコメントしてしまい、すみません。お時間ある時にお返事頂けますと幸いです。