歌詞 恋する SHISHAMO

作詞
宮崎朝子
作曲
宮崎朝子
いつだって一緒にバカ騒ぎしてくれるのは君くらいだと思ってて それは君と私の 間に恋が芽生えることはないって そう思っていたのは私だけじゃないはず よ ねえ そうでしょ やばい本気になっちゃいそう 全然好みじゃないのになぜか君にドキドキするのは きっと君が私の人生の中のイレギュラーだから だから私 君のことが癖になっちゃってんのかなあ でも君は私の好みをもうとっくに知っちゃってるから 君は私が自分のことを好きだなんて一生気付かないよね ああ バカな私なんであんなこと言っちゃったんだろう? 君に少し似てるあの俳優 君に惹かれてから少し好きになったよ この気持ちに気付いたあの日から私の毎日とても生きづらい 君はそんな私の気持ち気付かずまだひとりでバカやってる 全然好みじゃないのよ 君のその甘ったるい笑顔も君の私を呼ぶかわいい声も ついこないだまで私なんとも思わなかった でも最近ちょっと変な感じなの 君のその甘ったるい笑顔も私を呼ぶかわいい声まで 今の私にとっては何よりの幸せで でも少しずつ欲張りになってる怖いくらい 友達じゃなくなるくらいならこんな気持ち捨ててしまおうって この気持ち君に伝えるのはちょっとリスク高いかも 悪ふざけでもいいから一度私のこの手を握って 「友達だなんて思ったことはない」とか言って見せてよ 一瞬でいいから 私のこと女の子だと思って接してみてよ 全然好みじゃないのになぜか君にドキドキするのは きっと君が私の人生の中のイレギュラーだから だから私 君のことが癖になっちゃってんのかなあ でも君は私の好みをもうとっくに知っちゃってるから 君は私が自分のことを好きだなんて一生気付かないよね ああ バカな私 君を好きになるかもとか考えずに なんであんなこと 言っちゃったんだろう?
歌ってみた 弾いてみた