歌詞 ring your bell Kalafina

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
いつか心が 消えて行くなら せめて声の限り 幸福と絶望を歌いたい 僕らを待つ運命はいつでも ただ命が夢を見て 駆け抜ける今の続き 君が泣いた夜は その中に遠い 未来の輝きを隠してた 静けさが君を待つ 眩しい丘きっと行ける 君の地平へ ring your bell, and raise your song 君がそんなに 欲しがっていた 光が消えて行く 何度でもその時を知っている 蒼白い道の上に立ち塞がり 未来へ行く足を止めるのは 君の心だけ 夜明けはまだ遠い 明るい星も見えない だから窓を開いて 風に乗り響くだろう 明日を呼ぶ 君の調べ闇の中へ ring your bell 君へと続いてた道の 君から続いて行く道の 眩しさはきっと消えないから 君が泣いた夜の向こうには まだ何も無い 始まりが広がる 風に乗り消えるだろう 明日を呼ぶ君の調べ 遠い地平へ 木霊を残して ring your bell, and raise your song
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る