歌詞 冬休み Fairlife

作詞
春嵐
作曲
浜田省吾
あの頃の 僕ら 雪の中で 永遠に 楽しかった 雪原をすべる ソリは空の彼方へ 運ぶ 僕ら 乗せて 愛を待つ かまくらは そのまま 僕らにも 19の冬 凍えたあの子の 耳さえ 触れられずに 僕は 空を 仰ぐ あの日と同じく 雪が舞い散り 僕らを白く包む さみしい口びる やさしく撫でる 甘い 雪よ ひとつになるのは あふれる白い吐息 僕と あの子 二人 僕らはいつしか 別々の道 ソリで駆け下りていた どんどん遠くへ 離れて暮らす 違う  世界に 真新しい 新幹線に乗り あの子は もうすぐ ふるさと 去ってく きれいな ブーツで 雪を踏んで 強く 笑いながら もう一度 会えたらいいな 愛しくて 冬休み
Fairlife
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る