歌詞 あたしの向こう Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
あたしが忘れてしまったら あたしがいなくなってしまった これは ついさっきの話 いいえ ずっと昔の事 逢って話がしたいんだと あなたがあたしに話すから 怖くなって少しだけ 指先が冷たくなった ドラマみたいに遡って 本当のこと話せたらいいけど そんなの無理だよね さよならなのはわかっていたけれど 知らないままであがいてみたんだ あなたはあたしの向こうに あたしはあなたの向こうに何を見る インクのなくなりそうなペンで 話しながらぐるぐる書いた 何か解らない模様も あたしの今の模様だ 下を向いてた帰り道に思ったよ 明日は晴れるから星はいくつ見えるかな あと一度変われたなら この道をあたしはどうやって歩いただろう 振り返ったら後悔が巻き付いてきそうだから もう見ない 少し向こうに行った気持ちを呼んだけど どうにもならないね もうキスは出来ないね さよならなのはわかっていたけれど わからないフリをしていたんだ あなたと一緒に考えた悩みも涙も 今はひとりでやれるよ これからの朝これからの夜 たまには思い出してもいい? あなたの心に変わった形のままでもいいから いられたなら
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る