歌詞 軌跡の果て GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO
「愛されたい」と願う事を諦めてしまった シビれた身体罪の意識もないさ 這いつくばった部屋の壁に古い写真がある 幼い頃の俺と無邪気な笑顔 WOW 優しさは AH 時として人を傷つけた 不器用に生きた奇跡の果てに 辿り着いた愛で舌を噛み切る 言葉を持たない血液はただ 静かに流れたまま 朝を待ち続けては 戻れない旅と知る 今、誠実さに溺れてく・・・ 光りを目指す自分の為に何もかも捨てたさ 家族を友をそして恋人さえも・・・ 嘘や欺瞞に目を潰して手にした真実は 「オマエとの生活(くらし)ほどの 夢はなかった」 WOW オマエがここに いたなら俺を “間違いじゃない”と許してくれるかな 泣きたくなるほど切ない夜は 幻よどうぞ消えないで 孤独に震えて流す涙を 拭い去る力は持てなくて 不器用に生きた奇跡の果てに 大切な何かを失くしても 暗闇に浮かぶ愛ってものに いくら尋ねてみても ゆっくりと微笑んで手を振り続けるだけ -そして誰もいなくなった- 今夜は誰かのブルースに酔い しゃがれた声に身をまかせたい 「生き急ぐ事で、分かり合える」 と英雄達はそう呟いた 泣きたくなるほど切ない夜は 幻よどうぞ消えないで 孤独に震えて流す涙を 拭い去る力は持てなくて 不器用に生きた奇跡の果てに 大切な何かを失くしても 憧れに生きた奇跡の果てに 大切な何かを失くしても
軌跡の果て の人気パート
歌ってみた 弾いてみた