歌詞 セミ カノエラナ

作詞
カノエラナ
作曲
カノエラナ
嗚呼 さっきまで生きていたのにな 今はもう 一ミリたりとも動きはしない 嗚呼 けたたましく鳴いてたくせにさ ぷつりと動くのを辞めたんだ 苦しいって暴れたせいなのか 羽根が片方だけ見当たらない 僕は少し羨ましくなって 僕は少し苛立ちを覚えて 地面に落ちた汗を見つめてさ 枯れて欲しいなって呟くんだ いらない いらない いらない 必要だと言われたい 足元に転がった蝉 僕みたいだ みっともなく足掻いて生きてる 蹴飛ばして転がった蝉 何も言わない 嗚呼何してんだっけ 僕は何だっけ カラッポの蝉と同じなんだっけ 強い陽射しが僕を焼き殺してく 嗚呼 何もかも上手くいかなくて 逃げ出してしまいたくなってしまうんだ 嗚呼 冷たいソーダアイス 当たりは出る筈無いんだな 蟻の群れがだんだん集まって ブチブチと肉を引き剥がすんだ 黙々と唯生を繋ぐ為 未だ見ぬ明日を生きていく為 群がることしか出来ないなんて ダサい奴らだって呟くんだ うるさい うるさい うるさい もう何も聞こえない 足元に転がった蝉 僕みたいだ みっともなく足掻いて生きてる 砂だらけになった蝉 何も言わない 嗚呼何してんだっけ 僕もそうだっけ バラバラの蝉と同じなんだっけ 伸びた影が僕だけを覆い尽くす 嗚呼もう沢山だ 蝉だったモノを拾い上げ 土の中に埋めたんだ そうさ唯の自己満足さ 獲物を失った蟻の群れは戸惑った それを見ていい気味だと笑えるから 僕は まだ 死ねないんだ 足元に転がった蝉 僕みたいだ みっともなく足掻いて生きてる でも確かに分かったんだ 足掻いてたら 誰かが 僕の鳴く声聞いて 見つけ出してくれる筈さ 長い夏休みがもうすぐ終わるよ
セミ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた