歌詞 激しい雨 FLYING KIDS

作詞
浜崎貴司
作曲
FLYING KIDS
いじめに遭うと知りながら 学校へ通う子供達 父が病で倒れた事を電話で告げる母親の声 会社がつぶれ夜中に目が覚めて 家族の寝顔をぽつり眺めてる男 駅の人ごみで心が折れて 電車に乗れずにただ立ち尽くす彼女 それでも一人じゃないって声が かすかに生命のどこかでする 平凡な日々が 罪であるかのように自分を探し見失う友 富や権力の争いに破れ 午後の日差しの中一人 書斎でお茶をすする政治家 声を出さずに涙を流し 笑顔の裏で怒りを隠す 客のクレーム 上司の指示 後輩の助言 微笑みやめないあなた 全てを許す心見当たらず 疲れて家で泥のように眠る俺‥俺‥ それでもアゲハがさなぎから羽を広げはばたいた そして雨が 雨が降る 激しい雨が 雨が降る 激しい雨が 僕達に降る 激しい雨が 雨が降る 尽くした夫に裏切られても 妻は息子を強く抱きしめた 巻き込まれた事故で体を壊し でも歯を食いしばりリハビリに挑むアスリート達 理想を掲げて長い間捕らわれている 海の向こうの活動家 そしてその人の帰り待つ恋人 そう、みんな小さな窓をこじ開けて 必死にそこから空を見る そして雨が 雨が降る 激しい雨が 雨が降る 激しい雨が 僕達に降る 激しい雨が 雨が降る
FLYING KIDS
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る