歌詞 アサガオの散る頃に じっぷす

作詞
じっぷす
作曲
じっぷす
蝉時雨が僕の心に冷たく響く 太陽を濡らして ねぇ ずっと今が茜色で染まり続ければ 夕も幸せだろう 夏が意地を張るほど汗ばんでゆく この手じゃ君を繋ぎ止めておけない あぁ 夜には消えてしまうの 恋によく似たアサガオの散る頃に 胸の奥が痛い 痛いよ こんなにも距離を感じているの ねぇ 愛は哀で それは土用波のように 僕の声を揺らしてた 海を抱く夏鳥が再び南へ 飛び去るのを見てることしか出来ない あぁ 季節は移りゆくもの 夏が終わる前に綺麗な空へと 暮れた哀しみを投げ捨ててしまおう あぁ 夜には深い涼風が 涙をくれたアサガオの散る頃に
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る