歌詞 悪い王様のお話 Goose house

作詞
Goose house
作曲
Goose house
小さな国の小さな町 小さな家に住む 若い娘は運命の恋に落ちたのです 恋のお相手は王様 めでたく見初められ 貧しかった家と別れ 家族になりました ところが二人の子供 可愛い王子はやがて 邪智暴虐の王になり 人々 苦しめた 「初めて腕に抱いた日 世界に足りないものなど 一つもなく 何もかもが輝きを増した 世界の全て終わる日も 世界の誰もがあなたの 敵になって矢が飛ぶ日も 私が盾になるよ」 王子が16歳になってすぐのことです 戦争が始まって 王様は戻らぬ人に 「帰ると言った約束 信じて待つあなたの背を 抱きしめても 振りほどいて 一人で泣いてたね 世界の全てを疑い 世界の誰も要らないと あなたは言う でもね聞いて 私がここにいるよ」 王様になった王子は 国中涙で染めた それを止めた男がいた 彼の名前は メロス 「自分を守るためだけに 生きていくには世界は 大きすぎて バラバラで すぐダメになるだろう」 「初めて腕に抱いた日 世界に足りないものなど 一つもなく 何もかもが輝きを増した 世界の全て終わる日も 世界の誰もがあなたの 敵になって矢が飛ぶ日も 僕が盾になるよ」
悪い王様のお話 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた