作詞
eNu
作曲
R・O・N
薄羽に忍ばせた憧れ 空舞う術を代償とし、 美しい衣纏う蝶々 (いつかに) 正しさなんて (少しの) わからないまま (期待を) あふれる想いを (胸の中) 只、水面をたゆたう波紋のように 定まりきらぬ我が心よ (その姿を写して) 何度も消えてった 口から紡がれる言の葉達が 語る真意はその蔭(かげ)へと 密やかに積もりゆく (静寂が響く場所で) 無骨な力は誰のため? 理由を探し求めるのは 無意味な事と知っていても尚 (いつかは) 内に宿した (来るのか) 決意を照らす (ここまで) こぼれる光よ (導いて) 幾重にも枝分かれし運命を 再び辿る事の重さ (眼を伏せてなお残る) 紅き焔の色 零れた吐息は白く寒空へ 想いと共に溶けていった 廻り廻る時空で (際やかな念(おも)い馳せゆく) (いつかは) 内に宿した (来るのか) 決意を照らす (ここまで) こぼれる光よ (導いて) 嗚呼、胸の奥底へと潜むモノ 異なる魂の熱さよ (曇る心を受けて) 鈍色(にびいろ)に輝く やがて蕾はその想いを受けて 花嵐を吹かせるだろう 密やかに積もりゆく (今は静かに) 想いに (さぁこれから) 触れよう (見送ろうか) 心に (留め置いた) 届けよ (孤独に啼く過去)