歌詞 goodmorning in TOKYO the peggies

作詞
北澤佑扶
作曲
北澤佑扶
毎日電車に乗って学校に行く 朝の歌舞伎町一番街 君はもうそろそろ寝た頃だろう 今日までの話をしよう 昇天した、恋に落ちた つまりそれは世界が逆さまになったということ 空は遠く歌っていた 星が光る音がした 風船は飛んでいった 僕らがすやすや寝てる間に何が起こっているのかは 誰も、誰も、誰も、知らなない 逆さまになってしまったわけだけど 僕は変わらず君に恋をしている 変な夢を見て 不安になって 泣いたって 何も変わらないし 結局僕は置いてけぼりさ 昇華した 恋は枯れた つまりそれは世界が回り続けているということ 僕はもっと遠くへ行きたい 星が光るほうへ 風船みたいに飛んで行って みんながすやすや寝てる間に秘密の魔法使ってさ 君も、僕も、知らないところへ 君が歌っていたあの歌は どんどん遠くなって ごめんね、って言ったけど この街じゃたぶん聞こえないな 僕はずっとここにいたから分からないけどさようなら 君が眠る10秒前に goodmorning in TOKYO ぎゅっと潰れちゃいそうな街だね goodmorning in TOKYO
the peggies
歌ってみた 弾いてみた