歌詞 アイムハイ MARETU

作詞
maretu
作曲
maretu
立ち止まった君の涙 隅っこで寂しく忘れられ 痛がった意味も無いな 湿っぽい心に助けあれ 君よ、 穿て、 当たり前みたいに強張った情態を。 砕け、 息を吸うみたいに培った後悔を。 畏まった君の涙 …は全く見事に忘れられ 際立った意味もないな 枯れっぽい心に幸よ、あれ 君よ、 奪え、 あの子が命懸けで守った情愛を。 攫え、 あの子の清楚な目を奪った光彩を。 柘榴みたいに熟れ切った 真っ赤な傷口の中身を 全っ部、そっくり君に差し出したい 要らないな、 誓い合って紡いだ夢の続きも 要らないな、 笑いあって作った思い出も そうさ! 遭って咲いて 吸って吐いて 知って泣いて さんざ絆いだ手負いの愛情を 今、 忘れちゃって 下らなく笑ってみよー! 腫れ上がった君の瞼 まるっきり冷たく笑われて 干上がって仕方ないな ここのところのこころのそこ 君よ、 殺せ、 当たり前みたいに冷え切った寵愛を。 躱せ、 息を吸うみたいに摂り込んだ重態を。 「その子と 一生歩むのですか?」 「その答えを 一生騙るのですか?」 吹っ切れたような 聞き覚えのある泣き声上げて 「その答えが 本性なのですか?」 哀れっぽく荒れ切った 真っ黒い傷口の中身を 全っ部、そっくりここへ掻き出したい 言えないな、 理想論に染まった夢の終わりも 消えないな、 可哀想に実った思い入れも そうさ! 遭って咲いて 吸って吐いて 知って泣いて さんざ紡いだ ふざけた偶像を 今、 見捨てちゃって つまらなく笑ってみよー! 縮こまった君の身体 …はすっかり冷たく変わり果て 寄り添った意味はないが、 終わっていく君の夢を乗せて 生きよう。
アイムハイ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る