May fair

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO
May Fair風は薫る色づく季節見守るように 心踊らせては駆けだす君を見てた 額の汗が落ちるその僅かな時 幼い恋心痛んで 誰よりも僕らはこの胸に映した 虹色の明日なんてものを信じてた 記憶を辿る岐路にあの日の空 君と太陽を近くに感じていた Sweet thing雨上がりの 夕暮れ時は待ちぼうけ 水を跳ねて走る車を1人見てた 今では仕事帰りの車窓の向こうに 佇む遠き夢よ 新しい旅立ち住みなれた街並 行き先は違うけどきっと大丈夫 愛も夢も希望とやらもポケットにつめ込んで そして片道のチケットを握りしめた 何度も言いかけては飲み込んでいた 君への古の言葉 それは他ならぬ愛 誰よりも僕らは誰よりも切なく 恋愛の真似だってきっと理解かっていた それでも心なぞる5月の風 涙流れても優しくて 新しい旅立ち住みなれた街並 行き先は違うけどきっと大丈夫 愛も夢も希望とやらもポケットにつめ込んで ・・・そして片道のチケットを握りしめた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る