歌詞 小生劇場 Neru feat.鏡音リン

作詞
Neru
作曲
Neru
愛されたいと望めば 愛されたいと願えば あの舞台に立てるかな 辺りを見渡す限り 皆着ぐるみを着てる 此処じゃそれが常識 人に生まれて 人に育って 人を営む 努力しました それでも僕は 君になれずに 背伸び 背伸び 背伸び この人生が 僕の物なら どうして僕は 主役じゃないの いつもそうだ いつもそうだ 僕の出番は無い こんな僕等がお互い蹴落としてまで掴んだ物は何ですか 僕は 僕を愛してあげたい こんなことなら生まれてこなけりゃって全部嫌になってくけれど 絶えず 脈打つこれは何だろう 何だろう 糸と糸縫い合わせ 煩わしい自分のこと 忘れようと試みた 一つ嘘吐きゃ その味占めて 二つ言わなきゃ 気が済まなくて 後戻りなど 出来やしなくて 背伸び 背伸び 背伸び 子供の頃に 夢中で観てた 赤いマントの 正義の味方 いつの日でも いつの日でも 嘘は言わなかった こんな僕等がお互いの顔すらも不可視な幽霊船に乗り 明日も 操縦席奪い合う こんなことなら生まれてこなけりゃって全部嫌になってくけれど 頬を 横切るこれは何だろう 何だろう 閉ざされたその幕を引けば 照明も小道具もないが これでいい これがいい これは これが 僕の舞台だ 空っぽで何も無い僕の 毎日を歌いましょう ありのままの 僕を書いた ろくでなし劇場 こんな僕等かお互いの手を引いて集った終着点こそが まさに この暗闇なんだろう こんなことなら生まれてこなけりゃって全部嫌になってくけれど 彼も 彼女もまたそうだろう こんな僕等がお互いの声を聴き歌った歪な愛の唄 僕等 孤独には勝てないと どうせ僕等はこの瞬間さえもまた虚勢の登場人物で 離も 見ちゃくれない舞台で 今日も
Neru feat.鏡音リン
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る