歌詞 ping-pong 原田知世

作詞
土岐麻子
作曲
伊藤ゴロー
打ち返す ピンポンボール 左の虚空へと 消えてく あなたはそう ふいうちに弱いから いまからあなたへと 伝える言葉にも きっと そんなふうに おかしな顔をするわ あなたとならば もっと笑える あなたとならば 怖くないのよ 夜が来る前の こんな時間さえも (ping-pong) (ping-pong) 打ち返す真っ白な音 響きあい そうよ 迷いはないの (ding-dong) (ding-dong) ふたりでいる理由など なにもない だから かけがえない 気付いたら いつでも 同じ時間 分かち合った こんなふうに なにも気にせず靴を脱いで 白いボールを追い 夢中になれるのが なんだか 不思議なのよ ここにしかいないわたし あなたをいつも 笑わせたいの あなたとならば 夕日が落ちた そのあとの夜を ともに生きてみたい (ping-pong) (ping-pong) 打ち返すこころがいま 響きあう そうよ 迷いはないの (ding-dong) (ding-dong) ふたりでいる理由など なにもない だから かけがえないの
歌ってみた 弾いてみた