歌詞 ゆけ!ゆけ!川口浩! 嘉門達夫

作詞
嘉門達夫・青木一郎
作曲
嘉門達夫
川口浩が洞くつに入る カメラマンと照明さんの後に入る 洞くつの中には白骨が転がる 何かで磨いた様なピカピカの白骨が転がる すると突然頭の上から 恐いヘビがおそってくる 何故か不思議な事に しっぽから落ちてくる ヘビの攻撃さけると動かないサソリがおそってくる サソリの次は毒グモだヒロシは素手で払い落とす ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩 どんとゆけ!! 原住民が底なし沼にはまる 溺れている原住民の顔は笑ってる 川口浩はピラニアにかまれる かまれた素手が突然画面に大アップになる さらに未開のジャングルを進む 道には何故かタイヤの跡がある ジャングルの奥地に新人類発見! 腕には時計の跡がある こんな大発見をしながらけっして学会には発表しない 川口浩の奥ゆかしさに僕らは思わず涙ぐむ ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩 どんとゆけ!! 大発見をしてジャングルを後にする 来る時あれだけいたヘビやサソリ毒グモいやしない 底なし沼さえ消えている ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩ゆけゆけ川口浩 どんとゆけ!!
ゆけ!ゆけ!川口浩! の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る