歌詞 母国情緒 東京事変

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
猫の眼(まなこ)と犬のお耳であなたに御挨拶 何一つ逃したくはないの 仮令誰かに妬まれたとて私は構わない 此処で ちゃんと向き合えている 内緒の地図は交差点を描いて鮮やかに広がっていく 快活な空 街路樹が切抜合成(コラージュ)不確かな明日を慶んでいる 誰かが勝てば誰かが負ける浮世は忙しい 何一つ容易い事なの だけど思わず笑みが零れる私は仕合わせ 現在はもっとよく分かっている たったの一人 昼食を摂ろうと神楽坂 彷徨った午後 入れぬ道も費やした歩数を裏切らず繋がっていると知った 春夏秋冬雲の色まであなたとお揃いで 何一つ欲しいものがないの もしも望みが叶うとしたら言葉を交わしたい 母国だって同じだもの 母国情緒 此方に在りらむ
母国情緒 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた