歌詞 eyes 渡辺美里

作詞
戸沢暢美
作曲
木根尚登
目覚まし時計が鳴るまで待てない 大っきなパジャマの中で 気持は毎朝あばれてた どんなことでもできる気がした 固い歯ブラシのあの痛さが好き 過保護の仔猫のように 何も知らないでいたくない 遠い世界を見てみたい 一度も逢えないまま 過ぎてくはずの人に ひと言伝えたい 逢えてうれしかったと それだけ ひとり 淋しくならならないで さよならに沈む時も 何が大事なことなのか 目を閉じないで確かめたい ロードショーになら ひとりでも行ける あっけなく終わった恋は 爪を切りすぎた時みたい 痛みだすのはいつもあとから 工事現場には新しいビルディング じっと待つだけじゃダメさ 街はさりげなく教えてた 歩き続けていけそうよ 悲しい出来事さえ 力に変えるように 言葉にしないまま 胸にためているけれど いつでも つらく無口にならないで 理由もなく泣けてきても 朝は誰にも新しい 一日を用意してる ひとり 淋しくならならないで さよならに沈む時も 何が大事なことなのか 目を閉じないで確かめたい つらく無口にならないで 理由もなく泣けてきても 朝は誰にも新しい 一日を用意してる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る