歌詞 心に太陽 NGT48

作詞
秋元康
作曲
三井真一
どうせ幸せとか不幸せとか 代わり番こでやって来る人生 どんな晴れた青空も やがて雲が近づいて 突然の(突然の) 夕立 悲しい出来事 絶対に避けては通れない(通れない) 時には(時には)ずぶ濡れの日もあるさ 心に太陽 ある限り 何があってもどうにかなるよ 涙の隙間にキラキラと 日差しが見える 雨は止む 今日の願いは明日(あす)の希望に 虹が架かるだろう 元気出して行こう! 風と時間は味方だよ 今の空を変えるんだ 知らぬ間に(知らぬ間に) 夕焼け その日の運とか 空模様なんかは気にするな(気にするな) そのうち(そのうち)星空と語ろうぜ 心に宇宙が広がるよ 悩んだことがちっぽけ過ぎる 溢(あふ)れた涙も流れ星 願いを一つ 祈ってみよう 遠い東の地平線から 夜が明けて来るよ 前を向いて行こう! 心に太陽 ある限り 何があってもどうにかなるよ 涙の隙間にキラキラと 日差しが見える 雨は止む 今日の願いは明日(あす)の希望に 虹が架かるだろう 奇跡だって起きる 元気出して行こう!
NGT48
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る