歌詞 ひとりぼっちのデュエット 夢工場

作詞
売野雅勇
作曲
芹澤廣明
人影みえない教室で ハモニカ吹いてみた ひとり 好きだと言えないままだった 君のいた席に座り 涙が悲しいキーでハモるよ 頬寄せた机の傷さ 指先かすれた文字を読んだよ あゝ僕の名前が刻(ほ)ってあった どこかで逢えるといいねって 右手を差し出した 君が 廊下にたたずみ言いかけた 言葉ベルに消されたね 見えない君がピアノ弾いてる 放課後の音楽室さ 二つの想いが重ならないね あゝ壊れたデュエットみたく 涙が切ないコード叩くよ 好きだよとハミングしても 二つの想いが重ならないね あゝひとりぼっちのデュエット 哀しいだけさ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る