歌詞 Dearest Honey 岡村孝子

作詞
岡村孝子
作曲
岡村孝子
小さなあなたの手のひらに あふれる宝物 折りかけの色紙の鶴 お気に入りのシール かすかな吐息で眠ってる 清らかな横顔 苦しめるすべてのことから そっと守りたい   いつかこの胸を巣立つ時に 悔やむことがないように どんな瞬間も見つめさせて あなたと生きている   陽ざしのこぼれる公園で 失くしたものばかり 数えてたあの日の私 そっと包むように ゆっくり流れる時間(とき)たちと 無邪気な微笑みが 忘れてた大切なもの くれた気がしてる   愛を惜しみなく注ぐからネ 不安に思うことなど 何ひとつないと信じていて あなたのままでいて   遠く翔(はば)たいても 心はいつでも ずっと寄りそっているわ   もしも悲しみがその瞳を うずめてしまう時にも どうか一人きり迷わないで いつでも振り向いて   夢を追いかけて旅立つ時 悩み迷うこともある 寂しくなったら帰ってきて いつでもここにいる   いつかこの胸を巣立つ時に 悔やむことがないように どんな瞬間も見つめさせて あなたと生きている   あなたを信じてる
岡村孝子
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る