歌詞 昨日までの君を抱きしめて 猿岩石

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春
心はいつでも不安だらけで 何かをするときも自信がない この世界中のすみっこからきっとどこかに 抜け出せる出口が見つかるはず 風にずっとずっとずっと祈りを込めて 変わらないものと出会うために歌い続ける 「さよなら」と昨日までの君を抱きしめて おとなに近づいてゆく不思議な気持ちさ いいかげんな奴だと言われてるけれど ほんとうのことなんて誰も気づかない ふりまわされたってどうってことはないだろう 大切な君だけが知っているなら 街をずっとずっとずっと遠く離れて 枯れた空のかなたまで羽を広げて いつかきっと誰もが見つける 鮮やかな夜明けまで 僕らはもっと幸せになれるはずだろう そうだろう? 君とずっとずっとずっと歩き続けて ゆるみかけてる空の下で靴を鳴らして 心はいつでも不安だらけで 何かをするときも自信がない この世界中のすみっこにもきっとどこかに 抜け出せる出口が見つかるはず 「さよなら」と昨日までの君にキスをして ほんの少しだけ涙がこぼれてきた 「さよーなら」と昨日までの 「さよなら」と昨日までの君を抱きしめて 「さよーなら」と昨日までの 「さよなら」と昨日までの君を抱きしめて
猿岩石
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る